2008-06-28(Sat)

横浜保安資料館横浜館

二週間前と同じく「横浜駅東口 クロスポート献血ルーム」で献血してきました。
これで75回目です。
今日はなぜか人が少なかった、それとも二週間前が多かったのか?
茅ヶ崎駅で人身事故があり、その関係で電車が止まっていたのも影響したのかな?
平日ではないとはいえ迷惑な話ですね、人身事故=高確率で自殺、だし。

さて献血終了後、桜木町へ。
桜木町に来たのはもしかしたら横浜博(1989年)以来かもしれん。

そして駅を出たら地図を頼りに横浜保安資料館横浜館へ向かう。
ちなみにここは昨日調べ物をしていてたまたま知り、献血ついでに来てみたのだ(どっちがついでだろう?)

20080628-01.jpg

道中で有名な赤煉瓦を発見、近づいて見てみる。
……ただのお店か、建物が古いだけだな。
趣味に合わんのでどうも興味が持てん。
20080628-02.jpg

横浜港駅だそうで、ここはやはり横浜博の時に使われたらしい。
でそのすぐ先に横浜保安資料館横浜館はあった。
20080628-03.jpg

↑の写真の右側の建物がそうだ。
ちなみに内部は撮影禁止だったので写真は撮っていない。
内部には2001年12月に起きた九州南西海域工作船事件で自沈した不審船が引き上げられ展示されているのだ。

正直、目の前に現れた錆だらけの船体は予想以上に大きい物だった。
そして船体に空いた無数(単に数えてないだけ)。
いろいろな艦船を見てきたが、こうまで痛々しい姿は初めて見る。
そしてこの船は十名前後が死んだ場所でもあるのだ。
日本にとっては敵でしかないが、この船の中で死んだ彼らは自分の意志ではなく、祖国の命令に従っただけにすごないのだし。
まあそれが免罪符って訳でもないけどね。
まあそんなことをあれこれ考えちゃいました。

ちなみにこの横浜保安資料館横浜館、無料な上に小さいので(不審船以外は無いに等しい)近くに寄ったら軽く見学すると良いと思う。
時間はかからないよ、わざわざ行くには正直物足りないけどね。

帰りは日本丸のそばを通りつつ帰宅したのでした。
20080628-04.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

二束三文

Author:二束三文
個人的な日記帳兼雑記帳です。
特に意味深なことは考えてはおりません。
と言うわけで気に触ることがあっても見逃してくれると助かります。

CalendArchive
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
307位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク